「堀江はるよのエッセイ」

〜日常の哲学・思ったこと考えた事〜


こちらも どうぞ
 西


九の巻

宙ぶらりん

360度

エニスホール







トップページにも
遊びに来て下さい!
  
宙ぶらりん



















































  もしかして十年かかるかも…と言っていた神楽笛の曲が完成した。
  続いて龍笛と楽琵琶の曲も書いて、もうどちらも演奏者の手に渡っている。

  十年というのは、自分で自分を脅かしたようなところが無くもない。
  書けないかもしれない…書けても十年かかるかもしれないと、思い切り自分を
  怖がらせると、窮鼠が猫を噛んだ格好で、心配のあまり早々と糸口を見つけて
  しまったりする。そういえば、今までもそうだった。

  ギターのための曲はギター語で、リコーダーのための曲はリコーダー語で書く。
  同じように、笛は笛の、琵琶は琵琶の言葉で書いたが、話しているのは私で、
  楽器の国籍が変わったら話し方まで変わった…ということは無い。
  日本の音律は私にとって「ふるさとの訛り」で、書いていて楽だった。


  私の場合、洋楽の楽器の曲は、力技で書き進めることも出来る。
  たとえば娘の弾くピアノがガンガン聞こえてくる中で、オルガンにしがみついて
  弦楽四重奏を書いたりもして来たけれど、邦楽の楽器の曲は、そういうふうには
  書けない。笛の曲を書くのに、最初にしたのは家の片付けだった。

  家の中を片付け、わさわさと層を成すほど溜まっていた雑用を整理しながら、
  心の中からも、せわしない苛立った気持や、自分を小さい所に押し込めてしまう
  無意識の卑下、自分をおとしめる気持を、見つけては、取り除けていった。


  曲について考えている間、私は、妙な例えだが、むかし中学の生物の時間に習った
  ハントーセーシツマク(半透性・脂質膜?)みたいなものになっていた気がする。

  私の片側に日常があり、反対側には作曲の世界があって、その間に膜がある。
  ふつうに暮らす中で感じた様々な気持から、私は私の音楽を作るのだけれど、
  ザラッとした粗い気持は、膜を通らない。「自分として純度の高い気持」だけが、
  膜を通って私の音になり、私の音楽になる。

  「自分として純度が高い気持」は、なりふり構わない自己主張とは違う。
  いわゆる「純粋な考え」とも違う。正直とも少し違う。綺麗な考え方でもない。
  心を正して自分と向き合ったときに、これはどうしても、このまま言いたい、
  これが自分にとっての真実だ…と思える気持、とでも言おうか。

  日常から作曲の世界へ、日常から作曲の世界へと、海水から塩でも作るように、
  感じること、心に浮かぶことから音を作ってきたのが、曲が出来て、ふと終った。
  膜の片側の世界がパッと無くなって、日常だけが残った。


  なんだか気持が、宙ぶらりんだ。

  中断した作業の代わりに、エッセイを書いたりしている。

    
360度




























  知り合いの女子高生に、言葉遣いの可笑しな子がいた。
  “360度かわっちゃったぁ!”なんて言う。

  それって180度でしょ…360度じゃクルッとまわって元通りだと
  思うけれど、私はこの表現が、なんだか好きだ。

  自分の人生は、もう行き止まりなんじゃないかと…思うようなときに、
  袋小路で180度方向転換してみても、いま来た道を逆戻りするだけ。
  それならいっそ、360度まわってみたら、螺旋状に上に跳ね上がって、
  思いがけない景色に出会えるかもしれない…そんな気がしませんか?

  この子は素晴らしいバストの持ち主で、でもそれを更に美しく見せたくて、
  ある日、例の、一とき流行ったバスト・アップのブラジャーを付けたのです。
  娘が道で出会って、報告して曰ク。“バストが邪魔して、近づけなかった!”
  そんなに一生懸命に自己表現する心根、可愛いじゃありませんか。

  ボーイフレンドが出来るたびに、報告が入る。
  フラれては…よみがえり、フラれては…よみがえり、フラれては…の
  十数年を経て、とうとう自分にあった人と出会って家庭を持った。

  にぎやかな家庭だろうなぁ。
  360度、螺旋状に方向転換しながら、彼も彼女も子どもたちも、
  上昇気流に乗って、みんなでクルクルまわっているんじゃないかしら。


                           2006.10.1


エニスホール


  どうやら私の人生も、360度まわってジャンプしたらしくて、
  9月にCDの制作がスタートして、11月初めに録音を終えた。

  私も、歌の伴奏を三つと、ピアノのソロを一つ弾いた。
  伴奏は仕事にしていたこともあるが、ソロの録音は初めてだ。
  自分の作品だけれど、時間をかけて丁寧に練習をした。
  書くのと弾くのは違う。


  一週間前に、会場のエニスホールを、自分だけのために借りて、
  スタインウェイのコンサート用グランドピアノと、半日ゆっくり向き合った。

  録音技師さんが来て、音の具合を聴いてくれた。
  かさ高い人というのが居るけれど、彼はその逆で、そっと来て、
  そっと座る、マイクの位置を探して、そっと歩く。


  広い空間に、自分の弾いた音が飛んでゆくのが、楽しかった。
  ときどき体をほぐしながら、ソロを中心に何度か弾く。
  4時間は、すぐ経ってしまった。


  ホールを出ると、周りは田んぼ。
  宇都宮線は、田園風景の中を走る。
  都心まで80分ほど。乗客は皆うつらうつらしている。

  私も、うつらうつらと帰ってきた。


   ピアノ、好きだなぁ
   楽しかったなぁ

                       2006.12.1


トップへ戻る       ←前の頁へ    次の頁へ→      目次へ
 
こちらも
どうぞ→
 
堀江はるよ公式サイト・エッセイで描く作曲家の世界
<カタツムリの独り言>
 サイトマップ