石原さんの写真館 2020年5月


 
  
 
石原さんの写真館・トップ
石原功のプロフィール
2020年4月のお便りへ

 良い季節になりましたが、残念ながら緊急事態宣言は延長されて、
 お馴染みの神代植物公園は休園。 近くの散歩道の花を撮りました。
 二つの袋にカメラとスマホをを入れて腕にかけ、片手に犬のリードを持って出かけます。
 日によって、カメラが重く感じられる時もあって、スマホで撮った写真もあります。

                            石原汎美
 

~もくじ~

         
 
            
 
             








 
   

ツバキ
近くの植木畑で

Next


 







 
 

白いツバキ
"名前は玉兎(タマウサギ)、ヤブツバキとユキツバキの系統です”
と、植木屋さんが教えて下さいました。


Next


 





 
・   


ミモザ
いい匂いです


Next


 



 
 


ハナミズキ(アメリカヤマボウシ)
1912年に東京市長からアメリカへ贈られた6040本のソメイヨシノの苗木に返礼に
1915年にアメリカ大統領から、白40本、ピンク20本のハナミズキの苗木が贈られました。
…が、その後…さまざまな出来事を経て…
今はどちらも、それぞれ贈られた国で多くの人に楽しまれています。


Next


 


 
   


ハナミズキのピンク

Next



 


 
   


ムラサキハナナ
ハナダイコンと似ていますが、別種です。こちらはこんなふうに、ずっと小さいのが特徴
…と思いましたが、ネットで見ましたら、大きいものもあるようです。
一年草、二年草、更に "種がこぼれて毎年咲きます" まで、記述は様々です。
新しく出来た団地のフィリフェラオーリアの植え込みに、二ヵ所だけ咲いていたのは、
植えた時の土に、種が紛れ込んでいたのでしょうか。

Next


 

 
   


ムラサキハナナと背くらべ
愛犬・ランポの坐高は、25cmです。
ちなみに「ランポ」は「乱歩」ではありません。イタリアの賢い犬の名前を頂戴しました。
(エリビオ・バルレッターニ著「ランポ 旅に生きた犬」)

Next



 
 

 
   


マンデビラ
ご近所のお宅の生垣に、絡んでで咲いていました。
原産地は、中央アメリカ、南アメリカです。

Next


 
 
 
   

ヒメツルソバ
ソバと名が付いていますが、食用作物ではないそうです。
玄関先の植え込みに、グランドカバーとして地植えされているのを良く見かけますが、
こんなふうに自力で(?)石積みの間を這っているのは、初めて見ました。
たくましくて…美しい…

Next


 
 



 
   


シラン(紫蘭) 近くの公園で

Next






 
 
 
   


こちらは、シロバナシラン(白花紫蘭) 別名ハクラン(白蘭)
シランは、うつむいたように咲く姿から、「美しい姿」という花言葉もあるそうです。

Next


 
 





 
   


フリージア 自宅の庭で
近所の方から頂いた球根が、早春に甘い香りを放って咲いてくれました。
南アフリカ原産、150以上の品種があるそうです。

Next


 
 



 
   


エビネ
ラン科の多年草 近所の方から花束を頂いて、花瓶に差しました。
喜んでいましたら、お庭に沢山咲いているそうで、来年用にと鉢に分けて下さいました。
三種類も! また楽しみが増えました。

Next




 
 

 
   


ドラゴン・フルーツ
九州の方が送って下って、あまりにも美しいので、食べる前に写真に撮りました。
切ると中にゴマのような粒々が、ぎっしり詰まっていて、
それをスプーんですくって食べます。

 
 

人気の少ない公園の片隅で、マスクを取って、思いっきり深呼吸しました。
愛犬・ランポも空を見上げています。何を考えているのでしょう?
聞きたくなって、抱き上げて耳をよせてみました。

皆様お元気で! 次号も、散歩道からお届けいたします。

                                               
                                         ページトップへ 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  Site Top  エッセイ  石原功さんの楽譜
「ひらがなの手紙4」より
 
写真館トップへ
 
 ンス