CD「ひらがなの手紙・1」
 ギターの曲を集め


 
ギター独奏 松本吉夫



 
イラスト 新田和繁

 
ESC-G-1002
    ¥2800 ↓ 
CD「ひらがなの手紙・3」発売記念価格・
¥2500 

★ ご注文は、取扱店または、
  かたつむり出版・事務局まで、
  ご連絡ください。
katatumuri@k8.dion.ne.jp

収録曲の楽譜の情報は、こちらにあります。




メイン頁「カタツムリの独り言」も
お楽しみ下さい。



堀江はるよのCDと楽譜


 
 
                    
≪美しく目覚めた花々≫

                                三善 晃

      
  私が生まれたときに建てられた生家を、五〇年目の年の秋、取り壊した。
        翌春、整地された跡地一面に一種類の草が萌え出し、やがて紫色の花が一斉に咲いた。
        跡地は紫一色の花畑になった。きっと花は、五〇年前のこの地(武蔵野)に咲いていて、
        家が建てられたとき種子となり、五〇年間、縁の下の暗がりで休んでいたのだろう。
        花にとって、五〇年は一刻のまどろみの時間だったにちがいない。陽光を浴び、雨水と
        新鮮な空気に触れて、種子は一夜の眠りから目覚めたように本来の営みに戻ったのだ。

         東京芸大作曲科を卒業してからしばらく作曲の筆を断っていた堀江はるよさんが、
        また作曲を始め、いま次々に愛らしい作品を生み出しているのは、武蔵野の紫の草花の
        眠りと目覚めのようだ。堀江さんにとって、曲を書かなかったのは一刻の休みであり、
        再び書き始めるということは、種子が芽吹き開花することと同じように、
        自然な営みの再開であるにちがいない。
         堀江はるよさんの美しい開花を心から祝福し、見事に咲いた花々を愛でたい。

                           (作曲家 日本芸術院会員 2000・7・5)

 
   
★作品ノート


「ソナチネ」


九月、十月、十一月。深まりゆく秋の風のソナチネ。(1991)
組曲「こどものとき」



心のふるさと武蔵野の風の中で。
明日へのあこがれが、一人ぽっちの道を照らす。(1990〜91)
「友だち〜
 変奏曲の形をかりて」


出会いが紡ぎだすドラマ。
様々に姿を変えて、テーマがそれを演じる。(1991)
「ポケットの中から」











































かたつむり出版へ戻る
 
つぎつぎと飛び出す、十五の小さな贈り物。(1994)

あるとき、私はギタリストの松本さんと、京都の奥までコンサートを聴きに行った。
バタバタと家事をすませ、フウフウ言いながら約束の大阪駅に駆けつけた私が、
やっと列車に乗り込むと、松本さんは何やらゴソゴソやっている。
一瞬の後に“ハイ…おやつ”。出てきたのは小さなお饅頭だった。
疲れて六十才位の気分になっていた私は、いっぺんに六才の子供になって、
嬉しくも有り難く“おやつ”をパクついた。

たくさんのギタリストさんを知っているけれど、
ポケットからオヤツを出してくれたギタリストさんは、松本さんが初めてだ。
このお菓子のように、ポケットの中から何気なく取り出されて、聴く人の気持ちを、
フッと和ませる曲を書いてみたい……と思ったのが、
この小曲集を作曲したきっかけだった。

ギターの音に乗って、心の漂うままに遊び、楽しんでいただけたらと思う。


 ********************


★ プロフィル  (CD出版時です。最新のものはこちらをご覧ください)

堀江はるよ(作曲)

東京都出身。
成蹊小学校、成蹊中学校、都立駒場高校芸術科を経て、東京芸術大学作曲科卒。
故池内友次郎、島岡譲、三善晃の諸氏に師事。
ギター、リコーダー、ピアノの作品を多く作曲。CD収録作品の他に、
ピアノソロ・「ソナチネ」(第9回ピティナ・ピアノ・コンペティションF級課題曲採用)、
ピアノデュオ「古典舞曲へのあこがれ」(第1回・国際ピアノデュオ作品コンクール入選)
「クラス会」(第2回国際ピアノ・デュオ・コンクール入選)、
ギターソロ・組曲「 はこべの庭」、ギター合奏曲「つる」などがある。
<かたつむり出版>より「堀江はるよギター曲集T〜W」、 小曲集「はるのむこうへ」を出版。
ギターの作品18曲を収録したCD「ひらがなの手紙・1」および、
リコーダーの作品11曲を収録したCD「ひらがなの手紙・2」を、リリース。
作曲活動のかたわら、ネットにエッセイのサイト「カタツムリの独り言」を掲載中。



松本吉夫(ギター)

大阪府出身。青木邦雄に師事。
1973年から77年まで、アメリカに留学。
カリフォルニア州フルトン市立大学音楽部に入学。同校より“Men of Distinctionを受賞した後、
サンフランシスコ音楽院にギター科初の完全奨学金を得て入学。
G・サケラリウ、M・ロリマーの両氏に師事。
ソロ、デュオの演奏活動の傍ら、様々な楽器と共演。カヴァサン・トリオのメンバー。
CD「ひらがなの手紙・2」(リコーダーの曲を集めて)のギターを演奏。
日本ギター芸術協会理事。日本ギターコンクール協会理事。関西室内楽協会会員。