八月の手紙    


          梅雨 長かったですね

          なかなか干せないでいる内に

          梅干しが カビたりしませんでしたか?

          

          梅干しは お酒を使うとカビません



          小さめのボールに入れたお酒で

          梅の実を一つずつ 洗っては塩をまぶして

          容器に きっちり並べては 塩を振って

          最後に残ったお酒も そのまま入れて

          重石を載せて 水が上がってくるのを待つ


          赤紫蘇を入れて 天気の良い日を待って

          三日ほど干し上て 容器(私は甕)に入れて

          最後に 上質の砂糖をパラッと振って

          更にお酒も 少し振っておきます



          このレシピ さる政治家の

          想い人であったという方に教わりました


          あれから五十年…

          六十代の 度胸の据わった女性でした
       


                        堀江はるよ


  」                       
                     

 

      先月の手紙…「マイクロチップ

     
 おすすめエッセイ…日常の哲学より「エコ

 五十年前もどる           





        
今までの八月  2005年~2018年まで、十四通の手紙が見られます。

        
どうぞ、のぞいてみて下さい。
                                                                         





         



かたつむりカレンダー

これまでのお手紙は、こちらでご覧下さい。