十一月の手紙


          ドラマ「ひよっこ」が好きです

          NHK連続テレビ小説(2017/4-9)


          放映後終了も オンデマンドで繰り返し視聴

          どうしても 手元に置きたくて

          ついに DVDを買いました…ワオ!


          心を惹かれたのは セリフ

          このドラマに於いて 言葉は全て

          その人の心と 真っ直ぐに繋がっています


          何とかして心を伝えようとして発せられる言葉は

          美しく おかしく 哀しく そして爽やかです


            *     *     *


          言葉とは そういうものだと

          私は 長い間 思っていました

          イジワルな気持も ダマシたい気持ちも含めて

          言葉は人の心と 真っ直ぐに繋がっている…


          どうも そうじゃないみたいだと

          思いはじめたのは わりと最近です


            *     *     *


          主人公・みね子は 私の二つ下

          ドラマの中の 昭和60年代は 風景も

          ファッションも 何もかもが 私にとって

          そこに入って行きたいほど 懐かしい


          けれど 一番懐かしいのは言葉

          人と言葉の 在りようです
       



                      堀江はるよ




    
  ドラマもどる


      先月の手紙…「立候補ファイルから

     
 おすすめエッセイ…作曲その周辺より「革命の乙女

        今までの十一月  2004年~2018年まで、十五通の手紙が見られます。

        
どうぞ、のぞいてみて下さい。
                                                                         





         



かたつむりカレンダー

これまでのお手紙は、こちらでご覧下さい。