十二月の手紙 
 

 
    トシをとって いろんなものを 失いましたが

    失ったことによって 得たものがあります


  
    例えて言えば

    前から見て 長方形と思っていたものが

    視点を変えて 上から見たら 円形に見え

    立体と気づいて見たら 円筒形であった…というような

    見方の変化 考え方 考えるテンポの変化は 

    思いがけない発見を もたらします


    頑張る…という 力づくで

    物事を進めることが 出来なくなって

    初めて解かったことが 幾つもありました



    ハンディの加わる体で

    更に トシを重ねてゆくのは

    怖くもあるけれど 人生は冒険旅行

    面白がって探検したいです


    次なる年へ 勇気と

    期待をもって 踏み出します

    七十七年を生きた私は 七十八歳の私に

    力と 知恵を 貸してくれるでしょう


 P.S.  新しい曲を 書き始めました
   アルトリコーダーと ピアノの曲です
    


                  
堀江はるよ
 

 
い頃にどる?
  おすすめエッセイ…リスマス  
  先月の手紙…「レパシー  
   
  おすすめ YouTube・江崎浩司「孤独音楽しみ 」 Part1  Part2  Part3 
  Part   Part5   Part6

    今までの十二月  2004年~2020年まで、十七通の手紙が見られます。

     
どうぞ、のぞいてみて下さい。  
 




         



かたつむりカレンダー

これまでのお手紙は、こちらでご覧下さい。