石原さんの写真館 2021年6月


 
  
  
石原さんの写真館・トップ
石原功のプロフィール
2021年5月のお便りへ
2021年7月のお便りへ
 
 今年の春は、いつもの年より早く過ぎてしまった気がします。
 五月の花のハナミズキが、サクラの盛りに咲き始め、梅雨時に似合うアジサイも 
 梅雨を待たずに、五月半ばを過ぎた頃には、あちらこちらで咲き始めました。
 それでも、いつもの道には、また違う花が賑やかに咲き出しています。
 ランポを連れての散歩、ご一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。

                            石原汎美
 
~もくじ~

      
              
          




 

 
   
 
 
シラー・カンパニュラータ 近くの路肩で
丈は30cmほど。団地の庭の隅の手のひら二つ分くらいの所に、群れて咲いていました。

Next




 
     

ローダンセマム
こちらは団地の垣根の下に。
マーガレットに似て、でも少し小さいです。

Next





 
   
 


市役所の花壇
同じ大きさの花壇が、向こうにもう一つあります。
周りにもプランターが幾つも並べられていて、2~3ヶ月ごとに植え替えられています。
いつも素敵にレイアウトされていて、見入ってしまいます。

Next




 
   
 
ヒメエゴノキ 近くの保育園の入口で
高さは2mほど、エゴノキに較べて、こちらは花径1cmほどの可愛い花です。
 
 
 
  2週間ほどして行ってみたら
実が生っていました。

Next
 
 



 
   
 


ブルー・デージー
小さな花ですが、群生すると華やかです。
左上の黄色い花とのコントラストに惹かれて撮りました。

Next




 
 
 






ランポもツンツン、
花をつついています。

シロツメグサ
子どもの頃、首飾りや冠を作りました。
花を見ながら、四つ葉のクローバーを見つけました。




    
 
 
 


一般的には、「クローバー=シロツメグサ」だそうです。

Next




 
   
 


ライラック
フランスではリラと呼ばれています。
アップを撮ろうと近くによると、甘い良い香りがしました。
札幌市の「市の木」です。

Next




 
   
 


スズラン 近くの路肩で
昔は「春を知らせる北国の花」でしたが、
いつの頃からか、東京でも普通に見られるようになりました。
ただ強い毒性があるので、生けた花瓶の水などにも注意が必要です。

Next




 
   
 


バラ 近所のお宅の垣根で
花径15cmほど。みごとに咲いています。
大切にお手入れされているのでしょう。

Next




 
 
 







ハニー・サックル
「金銀花」の別名があります。

良く見ると葉っぱの上に尺取虫が…


こちらは自宅の庭で

タイリン・キンシバイ
(大輪金糸梅)
金糸梅の園芸品。大輪というだけあって、
花径は8cmほどあります。


 
 
 
 
      

アップで…

  見えますか?
             
 
  Next




 
     
 


フェイジョア 近くの保育園の玄関先で
ウルグァイ、パラグァイ、ブラジル原産のモモ科の果樹。
果実は3~10cmの卵型だそう。実が生ったら撮ろうと楽しみにしています。


Next



 
     
 
アカンサス
近くのコミュニティーセンターの花壇の隅に植わっていました。
ギリシャの国花。葉はギリシャ建築の柱装飾のモチーフになっています。
昔神戸で見て以来、ずっと見ることが無かったので、思いがけなくも嬉しい再会でした。


東京も、とうとう梅雨に入りました。
濡れた緑が日々濃くなって、これから夏の花々が咲き出すでしょう。
道端に、花壇の隅に、ひっそり咲いている花々の名前が判ると、
友だちが増えてゆくような喜びと感動を憶えます。

神代植物公園は6月2日から、予約制で受付が始まったようです。
一番の季節に色々な花を見逃したのは残念ですが、もう少しの辛抱ですね。
                                               


                                         ページトップへ 
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  Site Top  エッセイ  石原功さんの楽譜
「ひらがなの手紙4」より
 
写真館トップへ