「マシュー・ボーンの白鳥の湖」

私見による解説

〜これから見る人と、もう見た人のために〜

堀江はるよ
 

堀江はるよのコンサート
文字放送版







 カタツムリの独り言

堀江はるよのエッセイの頁です。合わせてお読み下さい
執筆者のCDと楽譜



 
 
 


  マシュー・ボーンの「白鳥の湖」を、4月8日、オーチャードホールで見た。

  前後して幾つか、解説のようなものを読んだが、 
  マシュー・ボーン自身のものではなく、どれも私には、
  本質的なところで納得できなかった。


  感じたことを整理したくて文章にした。解説というより私的メモ。
  役名だけは間違いの無いよう当日の配役表で調べたが、後は感じたまま。
  資料を調べたわけでもなく、間違い勘違いの可能性は多々ある。

  登場人物を中心にシンプルに書いた。
  振り付け、音楽、その他については触れていない。



  ★ [執事]
    すべてを支配している存在。世の中の仕組みとでも言おうか。
    王子も女王もガールフレンドも、彼に操られている。

  ★ [女王]
    依存的な母。
    愛する力は無くて、愛されることばかりを求めている。

  ★ [王子]
    幼いときに充分な愛情を注がれなかったために、
    自分が自分であることを肯定する気持(アイデンティティ)が育っていない。

    満たされなかった愛情を、大人になっても母に求め続ける(近親相姦的な場面)。
    母に拒否された王子は、ガールフレンドに愛を求める。
    
  ★ [ガールフレンド](娼婦)
    自己の確立されていない女性。
    男性の依存に応えることで生きている存在。
    執事は、王子の欲求を満たすために彼女を買う。
    彼女は王子を愛するが、自己を持たない愛は王子の心の支えとならない。
    私は、オフィーリア(父親によってハムレットに差し出される)を連想した。

  ★ [スワンの群れ]
    王子の内面。自我。
    自分の意志を持つことなく生きてきた王子にとって、
    自我の目覚めは、苦しみでしかない(寝室に現れた白鳥の群れ)。
    
  ★ [ザ・スワン]
    王子の自己(アイデンティティ)。

  ★ 〜酒場から公園へ〜
    母への依存を拒否された王子は、ガールフレンドの愛を求めて酒場に行く。
    そして彼女が娼婦(依存に応えることで生きている存在)であるのを知り絶望する。
    公園で、王子は死のうとするが、
    自分を抹殺しようとした刹那、自己と出会う。
    王子は初めて、自分を愛すること…自分が愛すること…を知る。
    老婆への抱擁とキッスは、王子が主体的な愛を持つようになったことを表す。
    しかし、喜ぶ彼の子どものような笑顔に、私は目覚めた自我の幼さを感じた。

  ★ [ザ・ストレンジャー]
    王子の思い描く男性像。
    成熟した男性と心を通わせることなく育った王子は、
    性的に他を圧倒し、暴力的に支配する存在として、男性をイメージする。
    舞踏会の客が、自己を支配する存在を、むしろ歓迎する様子は、
    ナチスやオウムの出現を連想させる。
    
  ★ 〜舞踏会〜
    ザ・ストレンジャーは、女王(母)を支配し、
    すべての女性を魅了し、すべての男性を従える。
    しかし王子は、母を支配することも、人々を魅了し従えることも出来ない。
    王子のイメージする男性像は、王子自身を否定する。

    王子は、ザ・ストレンジャーをピストルで撃つ(イメージの否定)。
    自分の意志を持った王子を、執事が撃つ。
    王子を庇ったガールフレンドが、執事に撃たれて死ぬ。

  ★ 〜手術〜
    意志を持った王子は、執事と女王によって否定される。
    映画「カッコウの巣の上で」のロボトミーのイメージが重なる。
    女王の仮面をつけた看護婦たちは、王子のアイデンティティの否定が、
    母親からのメッセージによって行われることを暗示している。

  ★ 〜終幕〜
    王子の内面に於ける葛藤。
    傷ついたスワンは、周囲との闘いに敗北した王子の自己。
    王子の幼い自我は、敗北した自己を受け入れることが出来ない。
    ザ・スワンに襲い掛かるスワンの群れは、王子の自己否定を表す。
    人は往々にして、自分に対して最も残酷になるのではないか。

    内面の葛藤にも敗れた王子は、精神の死と共に肉体の死に至る。
    
    これは全くの間違いかもしれないのだけれど、私は、
    ザ・スワンに捺された赤い刻印から、聖書の中の神によってカインに与えられた、
    「打ち殺されることのない者」の印を連想した。


                           2005年4月12日




堀江はるよ公式サイト・エッセイで描く作曲家の世界。
カタツムリの独り言
 サイトマップ